^T[o[
【 ヒオウギアヤメ (6月下旬〜7月中旬)/目:ユリ目/科:アヤメ科
 ヒオウギアヤメは、湿地帯の植物で厚岸町のいたるところに見られ、アヤメ類の中で一番先に先匂う花である。特に原生花園あやめヶ原の大群落は、その名も高く、6月下旬から7月中旬にかけて紫青のジュータンのように咲き乱れます。例年、6月下旬に開催する「あっけしあやめまつり」は、厚岸町の初夏の風物詩であり、町民はもちろん道内外の観光客に親しまれ、当町の代表的花です。
特徴:高さは70cmほど。本州では高山の湿地に自生し、葉はアヤメよりやや幅広い。和名は葉の出方が檜扇(ヒオウギ=ヒノキの薄板を重ねた扇で、古くに宮中などで用いたもの)に似ることに由来する。文仁親王妃紀子のお印でもある。(学名:Iris setosa Pall)
【 エゾヤマザクラ (5月中旬〜5月下旬)/目:バラ目/科:バラ科
 厚岸町は、道内の桜の名所として知られています。「町の木」とされているエゾヤマザクラ。厚岸神社や国泰寺、子野日公園では5月中旬から淡紅色の花が一斉に咲き乱れます。この桜の名所を開拓した先人の遺業を受け継ぎ、ますますこれを育成して町の発展に寄与しています。子野日公園では、エゾヤマザクラのほか、ヤエザクラや厚岸町で発見され命名された「アッケシタイザンフクン」など、多種の桜を観賞することができます。
特徴:樹高20mを越す夏緑の樹種。葉は長さ2cm前後の葉柄があって、葉柄上部に腺があり葉身は楕円形で長さ10cm、幅6〜7cm前後で鋸歯は一部で2重鋸歯となる。花は春に咲き、葉が出る前に散形状に数花を咲かせる。(学名:Prunus sargentii Rehder
【 ハクサンチドリ (6月〜8月)/目:ラン目/科:ラン科
 ハクサンチドリは、湿地帯に自生する紫色の植物で原生花園あやめヶ原で多数観賞することができます。。花期が長くヒオウギアヤメの開花前から開花後まで観賞することができ、原生花園あやめヶ原ではヒオウギアヤメに次ぐ代表的な花です。


特徴:多年草の高山植物で高山帯の湿気のある場所に生育する。高さは10〜40cm。茎の先端に総状花序の赤紫色の花を多数咲かせる。和名は白山に多いこと、花の付き方が千鳥の飛ぶ姿に似ていることから名付けられた。(学名:Dactylorhiza aristata)
【 キンポウゲ (6月〜8月)/目:キンポウゲ目/科:キンポウゲ
 キンポウゲは、厚岸町のいたるところに見られ、特に原生花園あやめヶ原の主園路脇にはたくさんのキンポウゲを観賞することができます。道東地方の道路脇をよく見ると、以外にもよく咲いている花です。原生花園あやめヶ原では写真のように比較的集まって花を咲かせています。


特徴:日本中に分布する多年草。草丈30〜60cmで花は直径は約2cmで色は黄色である。中国では古くから薬として用いられているがキンポウゲ科に多い有毒植物のひとつでありるが素人が扱うのは危険である。(学名:Ranunculus japonicus )
【 エゾフウロ (6月〜8月)/目:フウロソウ目/科:フウロソウ
 エゾフウロは、山地の草原に生える多年草で、キンポウゲと同様に原生花園あやめヶ原の主園路脇で観賞することができます。大草原にポツンと咲く花を見ると心が和みます。



特徴:草丈は30〜60cmで花の直径は約3cm花色は紅紫色〜淡紅紫色で茎葉や萼片の表面に白い開出毛が多い。ハクサンフウロの変種とされ本種の葉の切れ込みはハクサンフウロよりも浅い。(学名:Geranium yesoense)
【 エゾスカシユリ (6月〜8月)/目:ユリ目/科:ユリ
 エゾスカシユリはオレンジ色の大きな花を咲かせ、他の草花より一際目立つためすぐに発見できます。道路脇をよく見るとあちこちに咲いている綺麗な花です。



特徴:ユリ科ユリ属の植物。北海道、樺太、シベリア、中国北東部などに分布する多年草である。花期は6月中旬〜7月頃。草丈は20〜90cm程度で花色は主に橙色。花弁は6枚ほどで構成され、濃橙色の斑点が内側にある。また、花弁の根元部分が細くなっており隙間があり、このことが和名にあるスカシの由来である。(学名:Lilium pensylvanicum)
【 アッケシソウ (9月)/目:アカザ目/科:アカザ
 「塩生植物のアッケシソウは、明治24年(1891)、厚岸湖の牡蠣島で初めて発見・採取され、札幌農学校(現北海道大学の前身)の宮部金吾教授により、厚岸の名を冠して「アッケシソウ」と名付けられました。夏から秋口にかけて約20僂曚匹旅發気棒個垢掘⊇には茎全体が赤く色づきます。厚岸湖岸の自生地に行くことは難しいですが、厚岸町郷土館前や海事記念館前で観賞することができます。」
特徴:アカザ科の一年草。葉は退化してありませんが、夏から秋にかけて長さ1〜5cmの穂状になって開花します。花期は9月で、その前は下の子葉だけがやや赤色でその上は緑色になっています。花にはくっつき合った花被と1本の雌しべ、1〜2本の雄しべがあり、普通軸のへこんだところに向かい合ってつくのが特徴ですが目立ちません。秋には全体が朱紅色に染まり10月下旬には枯れて種を落とします。(学名:Salicornia europaea)


前のページへ戻る


〒088-1192 北海道厚岸郡厚岸町真栄3丁目1番地(厚岸町役場内)

 厚岸観光協会事務局

TEL  0153-52-3131(242)
FAX 0153-52-3138    

このホームページに掲載されている画像などの二次利用や無断転載、直リンクを禁止いたします。
^T[o[