無料 レンタルサーバー
 浄土真宗大谷派では北海道の開拓にあわせて布教活動を行い、明治12年(1879)、当時、札幌別院在勤中の朝日恵明が厚岸に派遣され厚岸説教所を開設しました。
 当初は湾月町の借家をあてていましたが同14年現在地に本堂を新築し、同16年に正行寺と名のることを許されました。
 現在の本堂は、新潟県西頸城郡西海村大字平牛(現糸魚川市)の浄土真宗満長寺本堂(寛政11年(1799)建築)を現在地に移築したもので、明治42年に解体して船で輸送し、同44年に落慶法要が営まれています。
 本堂は、正面18.3m、側面21mで、正面に向拝、内部には内陣、余間、外陣、参詣間を有し、要所に彫刻を配しています。特に内陣廻りの唐狭間には牡丹の透かし彫りや極彩色を施しており、北海道の近世寺院としては、豪華で格調高く、移築に当たって加えられた改造も北海道の気候風土にあわせていて、興味深いものとなっています。移築の関係文書もよく残っており、北海道の開拓に伴う建築文化を知る上でも貴重な存在です。
 また、正行寺鐘楼は、明治41年(1908)に建立されました。鐘楼は国の重要文化財に指定されている正行寺本堂の北西に位置しており、その造りは桁行一間、梁間一間の入母屋造りで吹放ち鐘楼となっています。唐戸面取の方柱を四方転びに建ててあり足固貫と内法貫、頭貫、台輪で固めてあります。組物については三斗組で、中備に蟇股を配し、一軒疎垂木とし、格天井を貼っています。屋根は、建立当初はイチイ材の柾葺きでしたが、大正12年と平成20年に改修され、現在は銅板葺きになっています。
 正行寺には、鐘楼(堂)の建設経過を記した「記録帳」が残されています。それによると明治41年10月上旬に、当時正行寺の総代を務めていた上田勘兵衛氏(鐘楼の虹梁内側には「維時明治四拾壹年拾月吉日鐘楼建築竣成・願主上田勘兵衛」の刻銘あり)が鐘楼を寄附することになり大工四、五名で昼夜の別なく作業をこなし同年同月に落成する運びとなりました。なお、鐘楼建立当時の梵鐘は、明治41年3月下旬に越中(現富山県)高岡市から運ばれてきたものです。その後、この梵鐘は第二次世界大戦中に供出され、現在ある梵鐘は昭和32年(1957)に製作されたものです。
 このように、国指定重要文化財「正行寺本堂」の移築された年代(明治期)と同時期の建物であり、歴史的景観に寄与するものとして、平成21年8月7日に国の登録有形文化財として文化財登録原簿に登録されその姿を今に伝えています。
● 住 所:厚岸町梅香1丁目19番地
● 管理者:真宗大谷派 正行寺
● 連絡先:0153−52−2443
● その他:観覧ご希望の場合は、事前に正行寺までご連絡が必要です。
前のページへ戻る


〒088-1192 北海道厚岸郡厚岸町真栄3丁目1番地(厚岸町役場内)

 厚岸観光協会事務局

TEL  0153-52-3131(242)
FAX 0153-52-3138    

このホームページに掲載されている画像などの二次利用や無断転載、直リンクを禁止いたします。
無料 レンタルサーバー